薬剤師の適正について

薬剤師になりたいという方は多いですが、 薬剤師にも適性というものがあります。 薬剤師になるために必要な資質について紹介していきます。

「薬学に興味がある」 最近は病気も多様化してきており、それに合わせて医薬品分野も 多様化してきています。一通り薬学を学んだら それで終わりという訳ではなく、常に学び続ける姿勢が 大切になってきます。

その時に必要なのは、薬学について興味を持って 勉強が出来るという心構えです。 薬学はとても奥が深く、学んで興味を持ち出したら更に 学びたくなる学問でもあります。 その道のエキスパートとして、学び続ける意欲を持ちましょう。

「正確な業務が出来る」 薬剤師は医療の仕事です。患者さんに間違った薬を 処方してしまったり、服用の仕方の案内にミスがあったりすれば 患者さんの命にも関わる事もあります。 その意識を常に持って、ミスのない仕事をする事が とても重要になってきます。

勿論、最初は出来ない事もあるかもしれません。 その場合は一人では業務を行わず、必ず経験ある先輩の 薬剤師に学び、正確な仕事をしていけるようになりましょう。 常日頃から意識していけば、出来るようになります。

「責任を持って仕事が出来る」 上の正確さとも重なる部分はありますが、薬剤師は医療の分野です。 自分の行動が人の命に関わる事を自覚して、 責任感を持って仕事をしていく意識が求められます。

「人と接するのが好き」 薬剤師の仕事の中で多くの時間を費やすのが患者さんとの コミュニケーションの時間です。 薬を処方して、服用方法について説明をしたり、 妊娠をしているか、他に飲んでいる薬はないか等、 話をしていきます。

その際にやはり人と接する事が好きだと、 患者さんも安心して薬を持ち帰る事が出来ます。 患者さんに優しい言葉を掛けて気持ち良く帰って頂く、 それも薬剤師としての仕事の一部です。 人と接するのが得意な方もそうでない方も、 仕事を通して患者さんとのコミュニケーションを 楽しむよう、心がけていきましょう。

上記項目は勿論、最初から全てが備わっている 方は少ないと思います。 日々向上していこうという意欲を持って、 仕事をしていく中で伸ばしていきましょう。

このページの先頭へ