薬剤師の今とこれからの需要

薬剤師は医薬品を専門に取り扱う薬の専門家。数ある職業の中でも人気の高い職業の一つです。その理由は大きく2つあります。

・景気の影響を受けにくく、病院や薬局、ドラッグストアなどから 安定した需要がある ・医薬品の専門的な知識を持って仕事を行うため、収入が比較的高め。

上の項目に加えて、これからはご存知の通り高齢化社会。 年配の方々が増えて、病気や体調不良を起こす方も 増えてくると予想されています。 薬剤師はこのようなこれからの時代に更に需要が増える 職業であるとも言えます。

現在も少しずつ始まっていますが、近い将来、 薬剤師の仕事は医療の分野にも関わりがさらに深くなっていきます。 医師や看護師が患者を受け持って治療をしていく際に、 薬剤師として、患者にどのような薬を処方していくかという 薬の専門家としての意見を求めらるようになってきています。

チーム医療という考え方が広まってきており、 医師・看護師・薬剤師などその分野のエキスパートが 集まって、チームとして患者の治療を行うという スタイルです。 薬剤師はその地域に住む人たちの健康について アドバイスをする、健康のエキスパートとしての 役割を担うようになってきています。

薬を処方して終わりという形ではなく、 患者にアドバイスをしたり、 薬を取りに来れない患者のために、自宅へ向かい 在宅医療の仕事を行うなど、薬剤師に求められる 仕事は、今後ますます幅が広がると予想されます。

薬剤師はこれまで、医薬品を専門的に扱うという イメージでしたが、今後は医療分野についても 知識・経験を深めていく必要があります。 2006年から大学での薬学部は6年制になり、 医療関連の科目が増えてきているのは、今後の時代に マッチした内容を学ぶためと言えます。

薬剤師の仕事は現状、あまり条件にこだわりがなければ、 仕事が出来る職場は多く、早く見つけられる可能性は高いです。 ですが、人生の中で仕事をしている時間は大きいもの。

出来れば自分の希望に出来るだけ合った業務内容・職場環境・収入で 働きたいと思う方は多いと思います。 転職サイトでまずは情報収集も兼ねて、 あなたの希望に合う仕事を見ていきましょう。

このページの先頭へ