地域包括ケアと薬剤師の関係性

ここ数年の間で、薬剤師の活躍の場に変化が表れ始めてきています。特に、地域包括ケアに関しては、顕著な差が出てきているといえるでしょう。 地域差はありますが、この動きは今後活発化していくと言われています。それでは、もう少々詳しく見ていくことにしましょう。

そもそも、地域包括ケアとは何なのでしょうか。簡単に言うと、薬剤師はもちろんのこと、医師や看護師などの医療関係者、介護関連の関係者、つまりケアマネージャーや介護士などですね。 このような医療の専門家や介護の専門家、行政などがしっかりと連携取りながら、地域が一丸となってケアを行っていくシステムのことを、地域包括ケアと呼んでいます。

基本的には、在宅医療がメインとなりますが、これは時代の流れですので、今後も加速化していくことでしょう。ということは、この状況を薬剤師に置き換えた場合、地域に根付いた薬剤師になることはもちろんのこと、医療や介護の関係者、行政の関係者とも関わり合いながら、役割を果たしていける薬剤師を目指す必要があるといえます。

特に、在宅医療の場合、休日はもちろんのこと、夜間も対応する必要がでてきますし、高齢者は多数の薬剤を使用することもあるため、その薬剤の管理や服薬方法などの全てを管理しなければならないのです。 また、医師からの指示だけに頼らず、自らの専門的な知識や経験を活かして、時には医師へアドバイスする必要も出てくるといえるでしょう。

つまり、より仕事に対して専門性や責任が求められるだけではなく、コミュニケーションスキルも重要視されてくるということになります。 その他に必要なこととしては、医療用として使用する麻薬や、無菌製剤が供給できる体制を、整えたりすることなどを挙げることができるでしょう。

上記の情報は、単なる地域包括ケアと薬剤師の関係性だけにとどまらず、今後、薬剤師として生き残っていく為の、1つの選択肢でもあります。 薬剤師個人によって、地域包括ケアに向いている人と向いていない人がいるとはいえますが、需要がある市場だということは覚えておきたいものです。

このページの先頭へ