病院薬剤師の業務内容について

これから病院薬剤師の仕事に挑戦したい人にとって、業務内容は大変興味があることの1つだといえます。そこで、病院薬剤師の主な業務について、詳しく解説していくことにしましょう。代表的な仕事としては、下記の通りとなります。

処方箋に基づいた調剤、服薬指導、医薬品の管理、医薬品の品質チェック、製剤、医薬品による事故が起こらないようにするための事故防止、薬物療法を行う際に医師へ適切なアドバイスをすること。

上記の仕事が、病院薬剤師の主な仕事な内容だといわれています。一見、特に変わった仕事や、特殊な仕事をしているわけではないと言えそうですが、決してそういうわけではありません。

時には、市販されていない薬を調剤、製剤したり、抗がん剤治療などに使用する薬剤を作る仕事などにも携わることがあるのです。 特に、抗がん剤などの病に使用する薬剤の場合、薬の有効性を保つために、薬が出来上がってから投薬するまでに掛る時間を短くしたり、薬の濃度を一定に保つことができるよう配慮する必要があるため、薬剤師の仕事の中でも大変特殊な業務だといえるでしょう。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

それから、最近の病院薬剤師には、患者さんとのコミュニケーションスキルが求められるようになってきました。つまり、服薬指導に力を入れる病院が増えてきたということです。

薬の飲み方や副作用に関する説明はもちろんのこと、薬の飲みやすさや患者さんの疑問にも答える必要がありますし、薬が飲みづらいということであれば、患者さんに合わせた薬剤の形に変える仕事も、重要な業務の中の1つだといえます。

また、時には検査結果の数値を見ながら、患者さんに適している薬剤かどうかを把握し、仕事を進めていくというスキルも求められるでしょう。 このように、病院薬剤師の業務は大変多忙であり、大きな病院ともなれば夜勤や当直も出てくるため、自らの健康管理にも気を配らなければならない仕事だといえそうです。

とはいえ、薬剤師としてのスキルを高めるために、大変適した職場であるといえますので、認定薬剤師などを目指しているのであれば、病院薬剤師として経験を積んでおいた方がよいでしょう。

派遣薬剤師時給はなぜ高額なの?

薬剤師にもいろいろな雇用形態・働き方があり、常勤のほかパート、アルバイト、そして派遣薬剤師もいます。派遣薬剤師はどのぐらいの収入を見込めるのでしょうか。

国家資格を持つ薬剤師自体、ほかの業種よりは比較的高めの時給を望むことができます。さらに重宝されるのは「ある程度長時間の勤務が可能な場合」です。 パート薬剤師は、派遣薬剤師に比べれば短時間の勤務を希望する方が多く、そのため薬局やドラッグストアからの求人が主になります。

長めの勤務が可能な派遣薬剤師では、薬局、ドラッグストアのほか製薬工場、病院内作業の求人も多くなります。「長時間勤務してくれるならば」という条件で、高めの時給設定がなされているのです。 製薬工場内作業での派遣薬剤師時給は1,600~2,000円程度であり、工場作業としては高額と言えます。夜勤手当、管理手当などが支給される職場ならば、収入はより安定しますね。

病院内作業では、1,700~2,700円程度とより高い時給が望めます。主な作業は調剤ですが、そのほかにも薬剤の発注、在庫管理といった作業も含まれてきます。いずれも体力を消耗しない、清潔な環境での仕事であることから、求人応募の人気も高めです。

もちろん、薬局やドラッグストアからの派遣薬剤師求人も見られます。その時給は1,700~2,800円程度と好条件ですが、経験による待遇の差が大きく、ベテランの方ほど時給は高くなることを覚えておきましょう。 ドラッグストアでは、商品陳列のほか試用商品の管理なども行います。販売品目が多いことから、薬の種類を覚えるまでは大変かもしれませんが、体力的にきつい仕事ではありません。

パートやアルバイトでは「採用してもすぐに辞めてしまった場合、また求人を行わなくてはならない」というリスクが伴いますが、派遣薬剤師ではこのリスクがない分、採用側は高めの時給であっても採用したい、と考える訳です。

派遣であれば、はじめから一定の採用期間を決めて契約することができ、そのつもりで仕事を安心して任せられます。もしも一人目の派遣が続かなかったとしても、すぐに次の人材を派遣してもらうことができる点も安心材料です。

そんな派遣薬剤師として働きたいという場合には、薬剤師専門の求人サイトを利用するのがおすすめです。無料で会員登録し、専任コンサルタントに相談しながら希望に合った求人を探すことができます。 場合によっては派遣から正社員になることも可能です。派遣に関するいろいろな情報も得られるので、ぜひ参考にしてみてください。

法改正で薬剤師派遣の環境はどう変わった?

派遣薬剤師として働くことの魅力は、自分のスタイルに合わせて就労形態を選べる点です。派遣なら長期で勤務することも、逆に1ヶ月の契約や、1日~数日の単発の勤務も選べます。

近年の法律に見る派遣薬剤師の就労環境は、大きく2回の変化がありました。まず2000年に行われた労働者派遣法の規制緩和において「薬剤師の派遣」が認められ、薬剤師でも派遣という就労スタイルを選べるようになりました。

しかし近年の社会情勢を鑑みて同じ法律が2011年10月に改正され、薬剤師派遣にいくつかの規制が設けられたのです。

法改正の主旨は、法律の正式名称の変化にも見ることができます。元々は、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び、「派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」だったものが、2011年には「派遣労働者の保護等に関する法律」と変更されました。

派遣労働者の保護を目的とし、短期派遣に対しての制限が設けられることとなったのです。短期とは、雇用期間が1ヶ月に満たないものであり、半月や1~2日などの単発の薬剤師派遣が難しくなりました。

ただし、すべての短期派遣が禁止されるわけではなく、「日雇い派遣の禁止」にも例外はあります。その条件は、「派遣が副業であり、別に500万円以上の年収がある場合」「同一生計者に500万円以上の年収があり、生活が安定している場合」「60歳以上の場合」「雇用保険未加入の学生である場合」のいずれか1つを満たしていることです。

このような規制を設けて身分・収入の不安定な就労者を減らし、派遣労働者の生活を保護することが目的ですが、短期の派遣で効率よく仕事をしたいと希望する方で、上記条件を満たさないケースは多々あると思われます。

その場合、パートやアルバイトとして働くことになりますが、「シフトの希望が合わない」「時給が下がってしまう」というケースは多いでしょう。 「1ヶ月以上」の派遣であれば制限は適用されません。派遣会社と相談して、複数の短期派遣を組み合わせることで、契約期間を31日以上に調整する、という方法はあります。

短期派遣だけでなく、病院での医療業務に労働者を派遣することも禁止されていますが、この場合の例外としては「紹介予定派遣」があります。 正社員としての雇用を前提とした「紹介予定派遣」は、病院関連を希望する方にはおすすめの働き方です。

このような例外としての派遣業務ではなく、どうしても短期での薬剤師の仕事を希望する場合には、パートでの求人を探すことになります。薬剤師専門の転職支援サイトならば、パート採用の求人情報もたくさん扱っていて便利です。

このページの先頭へ